猿でも分かるブロックチェーン【初心者向でも分かる様に簡単に解説します】

ブロックチェーン
ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」

ブロックチェーン、ビットコイン、暗号資産、スマートコンストラクト、P2P、NFT、etc・・・

 

上げようと思えば、きりが無いほど様々な専門用語が出てきます。

 

「仮想通貨の話でしょ?」など、面倒になって、全部ごちゃ混ぜになってないでしょうか?

ネット上で得体のしれない仮想通貨「ビットコイン」を購入する訳ですが、その日本のお金に代わる通貨を誰が持って、誰が管理しているのでしょうか?

 

今回はそのブロックチェーンを猿でも分かる様に解説していきたいと思います。

 

ブロックチェーンとは

 

 

まず初めに、ブロックチェーンとは、一般に、「取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」とされています。

 

つまり、技術の名前であって、冒頭で紹介したビットコイン、暗号資産やNFT指すものではありません。

 

これらは、ブロックチェーン技術を使うことによって出来たものです。

 

つまりブロックチェーンの技術を使えば、この他にも様々なサービスを作ることが出来るようになります。 

 

ブロックチェーンの仕組み

 

細かい話を出来る限りしないで説明していきますが、分散型台帳だけは理解しておきたいです。

 

まずは台帳。

台帳は、取引を記録するもの、帳簿ですね。これは誰でも分かると思います。お店で購入した購入履歴、決済した履歴、これらをつけておくものですね。

 

これらの取引記録、どこに保存されているでしょうか?

 

そのお店、つまりその法人(amazon、楽天)など、取引を行う企業がその取引記録を管理しています。

 

これを集中管理型システムと言います。(1つの法人がシステムで管理している状態)

 

こういった取引記録を、個々の会社ではなく、登録されたサーバーに同時に記録することで管理者を不在にすることを可能にします

 

それが、分散型台帳です。。。

 

は???と思う人が多いと思いますが、それで何のメリットがあるの?と、お思いの方も多いと思います。

 

会社と個人間で取引されるモノが、手に取れる現物の商品であれば、先に言った中央集権型で問題ありません。

 

分散型台帳にすることで、何が出来るようになるのか、もう少し掘り下げていきましょう。

 

 

デジタルデータ+取引記録

 

 

分散型台帳を理解するのに、デジタルデータの扱いから紐解いていった方が分かり易いです。

 

今回は写真を例にみていきます。

 

 

ここに1枚の写真があります。(可愛いですね)

 

こちらはコピーすれば誰でも所有者になることが出来ます。

 

コピーされた写真は、記録が無いため、誰の物か分かりません。

 

これに証明書(取引記録)を付けることで、この発行元が誰で、取引されてきた履歴が分かる様になります。 

 

つまり、正真正銘、特定の人が発行した著作物となることが出来るのです。

 

ここまで説明した『著作物+取引記録』が、いわゆるNFTと言うものです。

 

注)この写真自体をスクショなどでコピーすれば、それはコピー品として出回ることになります。NFTはコピーしようとしても取引データは暗号化されており、コピーが出来ない仕組みになっています。それにより、コピー品は特定の物ではなくなり価値が無くなります。 

 

つまり、まとめると、デジタルデータに所有権を付ける事が可能になった。と、言うことです。

 

仮想通貨・ビットコイン

この様に、ブロックチェーンを使うことにより、「デジタル上の通貨」の価値を担保出来るようになり、ビットコインなどの仮想通貨が出ていました。

 

本来は仮想通貨が先ですが、ブロックチェーンを分かり易くするために、NFTから説明しました。

 

ブロックチェーンの応用

ここまでみてきて、仮想通貨、NFT(デジタルの著作物)についてはご理頂いたと思います。

 

このブロックチェーンを使うことにより、実際に何が出来るようになってきているか例を挙げると、

 

・ソニーからはブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システムを開発(簡単に言うと、音楽などのデジタルコンテンツに著作権を付ける)

 

・シャチハタからは日本初!NFTを活用した電子印鑑を共同開発(一言で言うと電子印鑑)

 

その他にも、不動産取引や、食品などの取引履歴への活用が行われています。

 

まとめ

広げれば取り止めなく広がってしまうブロックチェーン技術ですが、ご理解頂けたでしょうか?

 

また、新しいサービスなどが出ましたら更新したいと思いますので、よろしくお願いします。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました